4人兄弟の子育てを通して失敗だったと思う事。反省したこと。

こんにちは!1女3男の母親のたかこです。

この記事では、私の26年間の子育てを振り返ってみた、失敗や反省について書いています!

あなたの子育てのお役に立てれば嬉しいです。

長女にとって初めての宿題で、何度も書き直させたこと

長女が初めての子供なので、色々、失敗や今考えるとおかしいなと思う事をしてきました。

この中でも特に、長女にひどい事をしてしまったと思う事があります。

一生懸命書いたひらがなの宿題を、何度も消して書き直させたのです。

娘を買い被っていたというか、子供を分かっていなかったんですね。

娘も大人と同じようにできる、と勘違いしていた私は、娘が一生懸命にそして楽しそうにやった宿題を消して書き直させた事で、娘のやる気と達成感を奪ってしまいました。

 

今思えば、本当にかわいそうな事をしました><

今なら「上手に書けたね!」って言ってあげる絶対に。

長女が始めた習い事で、先生ではなく自分が叱ってしまったこと

まだ3歳の長女がバレエを習い始めた頃、レッスンが終わった時に私は「」つい注意をしてしまいました。

その時先生に言われたのは「私が叱るから、お母さんは叱らないで。お母さんまで叱ってやりたくなくなるとあかんから。」って。

それから私は、先生に言われた通りレッスンについて叱らずに見守るようになり、長女は16歳まで続けることが出来たのです。

小1からサッカーを始めた長男に対しても、長女の子育てで学んだことから、私はサポートに徹することを心がけてきましたので、社会人になった今も大好きなサッカーを続けています。

高額な英語教材を買ったのに活用できず、バイリンガルは育たなかったこと

私と夫は英語が好きですが、ほとんど話せません。英語がペラペラの人にとても憧れています。

夫と、ディズニー英語システムの英語教材の説明を聞き、よく話し合った上で、子供達がバイリンガルになれたら将来的にも夢が広がると思い、高額でしたがローンで購入しました。

まだ赤ちゃんだった長女に、毎日英語の歌のCDを流して聞かせたり、教材のビデオを見せたり、少し大きくなってくるとテキストも一緒にやったりして、長女も長男もいくつかの歌や単語はネイティブのような発音でしたよ。

他にも、外国人の先生と直接触れ合って学べるプログラムに参加したり、週1回電話で、先生と英語で話すレッスンを受けたりもしました。

始めは恥ずかしそうにしながらも、楽しんでいるようでした。

けれど、次男が生まれた後はますますテキストをしなくなって、日常会話は日本語だし、大きくなってくるとテレビを見たりアニメのビデオを見たりすることが多くなり、段々と使わなくなってしまいました。

残念ながら彼女たちは、英語をそんなに好きにも得意にもならなかったのですが、ヒアリングのテストだけは楽勝だったそうです。

私が子供達に、英語学習を習慣化してあげられなかったのが失敗だったと思います。

末っ子に色々言い過ぎて、かえってやる気を無くさせていた事

長女とは10歳、次男とは5歳離れている末っ子は、小さい弟として皆から可愛がられて育ちました。

私も、早く大きくなってほしいっていう気持ちと、小さいままでいてほしいっていう気持ちと両方あって、

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です